ストレスと睡眠不足<

高齢になると体の疲れが睡眠をたくさんとっても取れないという現象にあった人も多いと思います。

私の父親もそうでしたが睡眠が少なく、しかも浅い。そして疲れが取れないという現象に悩まされていました。
もともと父親の場合は睡眠が少なくても平気なタイプだったのですが、それが加齢によって深く眠れなくなり、
体の影響もでてるみたいです。
早寝早起きを心がけているようですが、どうも体質的に夜が眠れず、朝遅くまで寝てしまうようです。
明るい場所ってやっぱり熟睡できないのでそれもそれで問題なんですよね。
結局ストレスが原因だったようで、定年後はよく眠れるようになったみたいですがやはりストレスって熟睡とかには良くないみたいです。
そもそもストレスというのはたまると緊張状態を招き、体の熟睡を妨げるようです。
特に男性というのはストレスに弱いので仕事などのストレスで眠れなくなるということは多いみたいですね。
いずれにせよこの場合は仕事を辞めるわけにはいかないので軽くカウンセリングでも受けてみるといいと思います。
ストレスが続く、そして寝れない、それで疲れになってまた仕事がうまくいかず、さらにストレスがって方向になってしまう人もたくさんいるみたいです。
特に日本人は睡眠時間が少ない方なのでしっかりとる方が仕事もはかどるし、健康面から見ても良いわけなのですね。
簡単には難しいかもしれないですが少しでも改善していくことでじっくり、深く質の良い睡眠をとれるようになるでしょう。