枕を変えて睡眠不足を解消しよう

睡眠というのは人間にとって必要なものですが、実は私も最近思ったのですが、睡眠も長くとればいいというものではないのです。
睡眠に重要なのは質であって睡眠の時間は重要ではないんです。
かのナポレオンも三時間しか睡眠しなかったといいますが、たくさん睡眠をとればとるほど体が疲れるという不思議な現象にあった経験がある人も多いと思います。
これは睡眠の質そのものが体に良くなかったから起きるものです。
睡眠をたくさんとると実は寝ることにも人間エネルギーを消費するのでそれなりにつかれるのです。
睡眠というのは適度に取るものがベストです。
ただナポレオンのように3時間というのは難しすぎるかもしれませんね。
規律ある生活を手にいれるにはおおむね8時間がベストと言われています。
また睡眠は枕によっても非常に大きく影響されます。
睡眠不足になるとどうすればいいのか?それは枕を変えてみることです。
意外とほとんどの人が枕と体が合ってないということが多いのです。
自分自身がいいと思っていても体自身に合わずにいつの間にか体が疲れるという人も多いのです。
朝起きると肩こりがするとかそういう人は枕そのものを一度変えてみてはいかがでしょうか?

私も以前いろんな方法を試してみたのですが、安眠と言う観点からは枕を変えるとかなりぐっすりと眠ることができるようになります。
最初はなかなか合わないと思っていてもあとから体がなじんでくるということも多いので一度睡眠不足を感じたり、寝ても疲れが取れないという人は枕を変えてみるのもいいかもしれませんね。
私のおすすめの安眠枕は六角脳枕という枕です。
この枕ちょっと変わっててその名の通り六角形の枕なんです。
こんなんでホントに最初は寝れるのかなって思っていたのですが想像以上に眠れるのでおすすめです。